Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の誘導電動機

日本初の誘導電動機

銅鉱山ポンプ用誘導電動機の力強い律動は、
多種多様なモーターが活躍する未来を予感させた。

日本初の誘導電動機の画像

世界初の誘導電動機は1888(明治21)年テスラにより発明された。日本では1895(明治28)年、芝浦製作所(当社の前身)が銅鉱山ポンプ用6極25馬力18.5kWの日本初の二相誘導電動機を誕生させた。さらに1897(明治30)年、日本初の1馬力の三相誘導電動機を世に送り出し、1910(明治43)年には820馬力という当時としては大容量の電動機を製造している。大正時代に入るとさらに大容量機が製作されるようになった。1913(大正2)年に1,500馬力、1914(大正3)年に1,740馬力、1916(大正5)年に3,500馬力、1917(大正6)年に4,000馬力の誘導電動機を完成し、業界にその威力を示した。

大正中期から昭和の初頭にかけては記録的製品はみるべきものはなかったが、それでも年間製造台数は40万台、製造容量は50万kW近くまでになった。その後、数年間は不況に見舞われたが1932(昭和7)年ごろから活況を呈し、製鉄工業や化学工業などに100馬力以上の電動機を多数納入したのを手はじめに中小容量機も製造した。当時の圧縮機用、電動発電機用大容量のものは20極、30極またはそれ以上の多極機で回転数の低いものが多かった。1940(昭和15)年に6,000馬力、360rpmという圧延用電動機を製作し、大容量機の高速化記録を達成した。

太平洋戦争終結後、1950(昭和25)年になると産業界も復興してきて鉱山や水道、しゅんせつ船などの1,000馬力級大容量機も製作されるようになった。このころから各工業界に技術革新の波がおしよせたため、小形電動機の需要が急速に高まり、その種類も多様化してきた。また大容量機の製造も年を追って増加した。1960(昭和35)年に運輸省・航空技術研究所に納入した風洞実験用電動機(12,000kW、1,000rpm)は国産記録である。このほか輸出も活発でブラジルのウジミナス製鉄所に3,300kW高炉送風機用電動機を納入したほか輸出船の補機用交流電動機も多数納入している。

近年は水中で回転する水中電動機、油中で運転する油づけ電動機、その他ブレーキモーター、モータープーリー、ギヤモーター、チェーンモーターなど各種の用途に適合する特殊の形態のものが開発されている。また可変速交流電動機として従来から整流子電動機を製造してきたがECカップリングを使用したECモーターなどが開発されている。また環境問題への対応として高効率化、低騒音化、高信頼性化が必須となっている。

昭和2年の1馬力誘導電動機
昭和2年の1馬力誘導電動機

明治32年頃製造の1馬力誘導電動機
明治32年頃製造の1馬力誘導電動機

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ