Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の業務用電子レンジ

日本初の業務用電子レンジ

業務用から家庭用へ。
高い技術力を結集した電子レンジは、常にユーザーの視点で開発されてきた。

日本初の業務用電子レンジ

1956(昭和31)年に研究を始めた電子レンジは、1959(昭和34)年に国産第一号機を完成させ、翌1960(昭和35)年に開かれた大阪国際見本市に出品して注目を集めた。翌1961(昭和36)年に市販第一号機を発売し、汎用電子レンジのデビューとなった。翌1962(昭和37)年には国鉄の食堂車に採用され、1964(昭和39)年の新幹線開業時からビュッフェで暖かい本格的な料理を提供するという当時としては画期的なサービスを提供した。1965(昭和40)年からは一般の食堂やレストランで使える業務用普及型を発売し、一般のレストランで広く利用されるようになっていった。

さらに当社は1966(昭和41)年に世界初のオーブン内空焼防止装置アイソレーターを開発し、これを装着した新機種を世に出した。オーブンを空のまま作動させると高価なマグネトロンが破損し、寿命短縮の原因になっていたからである。マグネトロン1本で最大出力2kW、しかも調理に応じて出力が3段階に切り換えられる機種も同時期に発売した。

その後、家庭用の需要が急速に伸びてきたこともあって、1968(昭和43)年に家庭用高性能型、翌1969(昭和44)年に改良型を発売した。これらは当時の米国厚生教育省が指摘した電波もれの心配もなく、技術力の高さを示したものである。

1970(昭和45)年には扉を開く時の電波リークを完全に止めたドアロック機構と、オーブンの内部で異常温度を検出するオーブンサーマルスイッチを付けた新機種を発売し、翌1971(昭和46)年には、ドアロック機構を改良、使いやすいワンタッチハンドル方式を採用し縦開きを実現した。また同年、高周波出力1kW、翌年には1.8kWの業務用新機種を発売するとすぐに、山陽新幹線食堂車で採用された。

この年、横型横開きワイドオープンのイメージを大きく変えた600W型を開発した。さらに使いやすさを追究した400W型、料理カードを付けた600W型を続けて発売した。さらに1974(昭和49)年には回転棚とスタラファンの両方を備えた豪華型を発売し、安全性を考慮して扉ののぞき窓に透明プラスチックのバリアを付けるなど、消費者のニーズをきめ細かく反映した開発を続けている。

1968(昭和43)年からは輸出向け機種も開発し世界各国で使われた。

家庭用電子レンジ
家庭用電子レンジ

電子レンジのカタログ
電子レンジのカタログ

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ