Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の蛍光ランプ

日本初の蛍光ランプ

発熱がなく明るい照明が求められ、試作品の20W昼光色蛍光灯136灯が法隆寺金堂壁画を照らす。

日本初の蛍光ランプの画像

米国GE社のインマン博士が発明した蛍光ランプが実用化されたのは1934(昭和9)年であるが、一般への販売が始まったのは当社で量産体制が整備された1937(昭和12)年からであった。

早急に事業化しようと、1939(昭和14)年に3名の技術者(藤田文太郎、射和三郎、轟甚三)をGE社に派遣し、インマン博士から直接技術指導を受け、翌年には少量ながら蛍光ランプの製作に成功した。すべての部品が手作りで、GE社のインストラクションを頼りに試作が進められ、4本足の真空管のベースを取り付けて完成させた。

その後、国の紀元2600年記念事業の法隆寺金堂壁画模写事業において、熱がなく明るい照明として完成の域に達していた開発中の蛍光ランプが採用され、1940(昭和15)年8月27日、試作品の20W昼光色蛍光灯を136灯使用した。点灯方式はチラツキを避ける2灯用フリッカーレスが用いられた。これが日本で初めて蛍光灯が実用化された記念すべき日となった。

その後、翌1941(昭和16)年に蛍光灯を“マツダ蛍光ランプ”として、昼光色15Wと20Wを正式に発売した。15W、20Wともに管径は38mmで、全長は435mm、580mmだったが、明るさは現在の半分以下だった。1942(昭和17)年には、昼光色蛍光ランプの生産は月産約2,000本に達したが、1944(昭和19)年には軍需用に転換させられ、自動排気機の完成まで今一歩というところで、戦災のために焼失した。

戦時中は、発熱量の少ない蛍光灯として、潜水艦の照明用に耐震性の高い20W昼光色が、また航空母艦の着艦灯として12W緑色が採用されたほか、無影灯用としてほとんど全製品が海軍艦政本部に納入された。

戦後になると、真空管の製造拠点であった堀川町工場を本社に直結した工場組織に改め、まず1946(昭和21)年に誘蛾灯の生産から出発した。一般用蛍光ランプの生産開始の足がかりとし、1948(昭和23)年には昼光色蛍光ランプの生産も再開し、翌年には改良蛍光体を使った効率の良い白色ランプの開発とともに、光出力の大きい40W蛍光ランプを完成し、横浜で開催された貿易博覧会で点灯し、話題となった。

1951(昭和26)年には、蛍光ランプの明るさを世界的水準まで上げ、平均寿命も一挙に2倍の3,000時間をマークし、管端黒化の発生も抑制した。1952(昭和27)年には早期寿命推定法を品質管理に導入し、陰極物質の研究を重ね、米国で発表された耐熱性酸化物に代わる長寿命新陰極物質を開発した。1954(昭和29)年には平均寿命が7,500時間と向上し、明るさとともに外国主要メーカー製品と比肩することができた。

国産初の蛍光ランプ(昭和15年)
国産初の蛍光ランプ(昭和15年)

わが国最古の蛍光ランプスタンド
わが国最古の蛍光ランプスタンド

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ