Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の電気洗濯機


日本初の電気洗濯機

電気洗濯機は、女性を家事重労働から解放した一番の立役者である。
わが国独自の小型化、節水性、静音化などの技術がさらなる発展を予感させる。

日本初の電気洗濯機

世界初の電気洗濯機は、今から約100年前、1908(明治41)年にアメリカのアルバ・ジョン・フィッシャー(Alva John Fisher)により発明された。これは、円筒槽の回転によって汚れを落とす「たたき洗い」を電化したもので、シカゴのハレー・マシン社(Hurley Machine Co.)が“Thor(ソアー)”ブランドで販売した。

わが国では、1922(大正11)年に三井物産がアメリカからこの“Thor”ブランドの円筒型洗濯機を輸入し、販売したのがはじまりである。その後、1927(昭和2)年に東京電気(当社の前身)が円筒型、続いて攪拌式電気洗濯機を輸入し、販売をはじめた。

1930(昭和5)年、芝浦製作所(当社の前身)は国産初の撹拌式電気洗濯機“ソーラー(Solar)”の製作を開始した。自動絞り機付きの洗濯機本体は、ハレー・マシン社から技術導入するとともに、攪拌翼についてはGE社の技術者ノーブル・H・ワッツ(Noble H. Watts)の発明(特許第99044号)を採用し、最先端技術を駆使した商品であった。攪拌翼は、アルミ中空体の3枚羽根が上から下に向かって20°の傾斜があり、底部は少し広がっている。毎分約50回、200°の往復運動を繰り返す。洗濯容量は6ポンド(約2.7kg)で、価格は370円と高く、銀行員の初任給が約70円であった当時、一般の家庭での購入はできなかった。

その後、1948(昭和23)年、英国フーバー社(Hoover)が小型の噴流式洗濯機を発売し、後にシュリロ貿易を通して日本に輸入した。これを見て日本の各メーカーが開発に走り、1953(昭和28)年に商品化した。その後、洗濯機は節水型の渦巻き式が主流となり、勢いよく普及をはじめた。

そして1957(昭和32)年には、再びフーバー社が画期的な二槽式洗濯機を開発した。わが国で、これを日本流にアレンジし素早く商品化。一槽式から二槽式洗濯機へ、さらに全自動洗濯機、続いて洗濯乾燥機へと発展を続けてきた。

このように、洗濯機開発の歴史は外国企業からの技術吸収ではじまった。しかし、その後の開発努力によって、小型軽量化や節水性、静音化などの新しい技術が生まれ、わが国の風土に合った洗濯機へと進化してきた。しかも現在、国内では毎年約450万台の洗濯機が販売されているのである。今では、海外にも製造拠点を持ち、諸外国にも販売を行っている。

この洗濯機の普及と発展が、わが国の女性(主婦)の生活を根本的に変えたといっても過言ではない。家事の中で、もっとも重労働となる洗濯作業が自動化され、女性の社会への進出を大いに助けている。もちろん、炊飯器、冷蔵庫、掃除機なども助けとなっているが、なんといっても洗濯機が女性を家事重労働から解放した一番の立役者である。

solar取扱説明書
solar取扱説明書

昭和30年頃の洗濯機ポスター
昭和30年頃の洗濯機ポスター

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ