Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の電気アイロン

日本初の電気アイロン

国産第1号の電気アイロンは、家電製品の中で量産化が最も早く、
戦前ではわが国の家電普及の先陣を切った。

日本初の電気アイロンの写真
写真は初期の電気アイロン

アイロンやコテは衣類のしわ伸ばし道具と考えると、その起源はとても古く、紀元前2000年前からあったという説もある。日本では電気のない時代、洗い物のしわを伸ばすのに「火熨斗」(ひのし:銅製の入れ物に炭火を入れたもの)を用いていた。

平安時代に、丸い器に炭火を入れて使う火熨斗が使われ、また江戸時代には、炭火で焼いて使う焼きゴテが登場した。明治中期になって、イギリスから炭火アイロンが輸入され、これが国産化され普及した。炭火アイロンは、ふたを開き中に炭火を入れ、その熱気と容器の重みを利用して布地のしわを伸ばすものである。

アイロンは英語でiron、すなわち鉄のことで、布地のしわを伸ばすには鉄の重さと熱容量が最適である。コテは、炭火や熱灰の中に入れて加熱し、衣服の細かい部分の仕上げや直しなどに使う。1882(明治15)年、アメリカのニューヨーク州のヘンリー・W・シーリー(H.W.Seely)が、初めて電気アイロンの特許を取得した。驚いたことに、まだ電気が家庭に十分供給されていなかった頃である。発明時には、プラグも電源コンセントもなかったので、分岐したコード線のワイヤーをピンの孔に差し込みネジで固定している。

1910(明治43)年頃、アメリカで電気アイロンが本格的に実用化され、1914(大正3)年、日本に輸入された。翌1915(大正4)年、芝浦製作所(当社の前身)が国産初の電気アイロンを発売した。重さ3ポンド(250W)品が約8円、4ポンド(300W)品が約10円であった。小学校の先生の初任給が50円の頃の8円〜10円であり、いまなら4〜5万円に相当する高価な商品であった。容量は、当時重さ(ポンド)であらわし、発熱体は、マイカ(雲母)板にニクロム線を巻いていた。

当初の電気アイロンは、サーモスタットもなく、指先をぬらして底面に触れ温度を判断していた。布地を焦げ付かせることもあり、必ず布地とアイロンの間に手ぬぐいのような別の布を当てていた。これを“当て布”という。

1937(昭和12)年の国内調査によると、電気アイロンの普及台数は313万台もあった。アイロンは実用性が高く、他の家電製品に比べれば比較的安く作れるようになり、戦前の家電製品の中では普及率トップの商品となった。

戦後1946(昭和21)年、いち早くアイロンの製造に着手し、約12万台の製造を行っている。1954(昭和29)年にスチームアイロン、1966(昭和41)年にはベース(かけ面)にフッ素樹脂加工を施したアイロンが発売され、繊維の焦げ付きがなくなった。この頃には、全国の普及率が90%を超え、早くも成熟商品と言われるようになった。

1979(昭和54)年、水タンクが透明で水量がひと目で分かるカセット式スチームアイロンを発売した。その後コードリール付きアイロン、マイコンアイロンと技術革新が続いた。1988(昭和63)年、コードレスアイロンを発売し、今では国内市場の約65%を占める主流となっている。

アイロンは現在では市場の小さな商品ながら、その後もコンパクトアイロンや、オープンハンドルアイロンなど、次々と新たな工夫が続けられている。

芝浦製作所 電気アイロンのカタログ
芝浦製作所 電気アイロンのカタログ

東京電気 マツダ新報に掲載のイラスト
東京電気 マツダ新報に掲載のイラスト

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ