Japan

トップページ > 知る(ご利用案内) > 館長あいさつ

館長あいさつ

館長の写真

「東芝未来科学館」の起源は古く1927(昭和2)年設立のマツダ照明学校にまで遡ります。当社の創業者のひとり、藤岡市助が興した白熱舎(後に東京電気株式会社に改称)が、照明や電気製品の普及を促進するために設立した施設で、電化の利便性や配線の仕方を教えていました。一般の方も予約見学ができ、案内者による説明もあり、まさに当館の原点といえる存在でした。残念ながら1945(昭和20)年の空襲で灰じんに帰してしまいますが、その後、もう一人の創業者、田中久重が1875(明治8)年に興した会社を起源とする芝浦製作所と合併して発足した東京芝浦電気株式会社(現東芝)の元で、1961(昭和36)年に当館の直接の前身となる「東芝科学館」として復活しました。そこでは50年有余の歳月を経て延べ900万人ものお客様を迎え入れて参りました。そして2014(平成26)年1月、川崎駅前ラゾーナ地区の再開発に合わせてこの地に移転し、「東芝未来科学館」としてリニューアルオープンいたしました。2016(平成28)年には来館100万人(累計1,000万人)を達成しております。

「東芝未来科学館」は、地域社会に対して3つの役割を担っています。一つ目は最先端技術や事業を通した豊かな社会の実現に向けた当社の取り組みの紹介、二つ目は科学への興味関心を高める啓蒙活動への貢献と、次代を担う青少年への科学技術教育の場の提供、三つ目は新しい世の中を切り拓いてきた産業遺産の保存・歴史の伝承です。当館ではこの役割を果たすべく、さまざまなゾーンで皆さまに情報を発信しています。現在から未来につながる当社の最先端技術と事業取り組みを展示したフューチャーゾーン、お子様だけでなく大人も楽しめる科学実験やサイエンスショーを行うサイエンスゾーン、最先端の技術をゲーム感覚で学べる体験型展示の数々。「創業者の部屋」と「1号機ものがたり」を展示したヒストリーゾーンでは、二人の創業者の熱い想いと確かな歩み、日本の電気産業の歴史を体感することが出来ます。

科学技術の発展は、私たちの暮らしをより豊かに、より快適なものにしてくれます。未来につながる先端科学技術のすごさと面白さを楽しく体験し、好奇心に刺激を感じて頂けたら幸いです。それはやがて世の中をより豊かにしようという情熱に変わるかもしれません。私たちは「人と科学のふれ合い」をテーマに、地域と連携した文化交流のコミュニケーション施設として活動を続けていきます。

さあ、一緒に未来を体感しましょう。皆さま方のご来館を心よりお待ちしております。

東芝未来科学館館長

福家 浩之

関連リンク

知る(ご利用案内)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ