イベント詳細

  • 有料
  • 要予約
  • 先着順
  • ものづくり
  • 工作
  • 開催時間:90分

【先着予約】対象:小3~中学生
アルミ缶をみがいて凹面鏡をつくろう

ドリンク容器などに使われているアルミ缶は、1円玉と同じアルミニウムでできています。

映像やクイズで、原料のボーキサイトという鉱石や、空き缶のリサイクルから作られる
アルミニウムの旅をたどり、アルミ缶の正体にせまります。

工作体験では、アルミ缶の底面を研磨剤でみがいて凹面鏡をつくります。
凹面鏡はスプーンの内側のようにへこんだ鏡で、スプーンの外側のような凸面鏡の
カーブミラーとはちがったうつりかたをします。

この凹面鏡は、条件がそろえば数秒で紙に着火することもできるすぐれものです。
オリンピックの聖火も、同じ仕組みで着火しています。

※2月12日(水)12:00~予約受付開始です。
※2枚目の画像は、オリンピックの聖火「わくわく理科3」啓林館より

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
    「わくわく理科3」啓林館より
講師:
【リカタンず】横須賀篤先生
料金:
100円

開催日程

開催日:
2020年3月7日(土) 11:00 - 12:30
対象:
小学3年生 - 中学生
定員:
24名
募集方法:
要予約 先着順
受付状況:
予約申込
開催日:
2020年3月7日(土) 14:00 - 15:30
対象:
小学3年生 - 中学生
定員:
24名
募集方法:
要予約 先着順
受付状況:
予約申込
  • ※開始時間15分前より受付いたします。お釣りのないようご用意ください。
  • ※開始時間10分を過ぎても受付しない場合はキャンセルとみなし、受付に当日参加を希望された方を優先してご案内する場合があります。遅刻の際は必ずご連絡ください。
  • ※お持ち帰りいただく教材は、イベント開催時の注意を守り安全にお使いください。