Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー) > 東芝の歴史/TOSHIBA SPIRIT > 万年時計について

万年時計について

東芝の創業者「からくり儀右衛門」こと田中久重が設計・製作した重要文化財・万年時計(正式名称:万年自鳴鐘)の復活プロジェクトをご紹介します。
1世紀半の時を超えてよみがえった傑作をご覧ください。

田中久重のモノづくりSPIRITが凝縮された最高傑作!

万年時計(正式名称:万年自鳴鐘)は、嘉永3年(1850年)から翌年にかけて、東芝の創業者「からくり儀右衛門」こと久重が設計・製作した機械式和時計。久重の生来の技術である金属細工と、からくりの才を素地として、高度の天文暦学と西洋の時計技術の精髄を取り込んだ最高傑作です。
機構の精巧さもさることながら、優美さと気品を漂わす伝統工芸品としても高い精度を誇っており、2006年には国の重要文化財に指定されました。

田中久重のモノづくりSPIRITが凝縮された最高傑作!

  • 万年時計復活プロジェクト
    万年時計復活プロジェクト
    "日本のモノづくりの源流"を探り、後世に継承するため、各分野の専門家たちが復元・複製に取り組んだ「万年時計復活プロジェクト」をご覧ください。
万年時計

万年時計

万年時計復活プロジェクトで解明された万年時計の機構について、CG映像でご覧いただけます。

万年時計(正式名称:万年自鳴鐘)は、久重の生来の技術である金属細工と、からくりの才を素地として、高度の天文暦学と西洋の時計技術の精髄を取り込んだ最高傑作です。江戸時代において当時の最新技術を結集させた時計であり、二組の(真鍮で作られた二重)ゼンマイを動力に、六面の時計を同時に動かします。さらに鐘を鳴らし、干支や七曜、二十四節気、月の満ち欠けも表示します。
機構の精巧さもさることながら、優美さと気品を漂わす伝統工芸品としても高い精度を誇っており、2006年には国の重要文化財に指定されました。

※このCGは東芝研究開発センター機構分析チームが製作しました。

関連リンク

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ