Japan

トップページ > 知る(ご利用案内) > 東芝未来科学館について > 東芝未来科学館とは

東芝未来科学館とは

1961(昭和36)年東芝創業85周年を記念して「東芝科学館」は開館しました。約52年間多くのお客様をお迎えして参りましたが、移転に伴い2013年9月末に閉館し、あらたに川崎ラゾーナ地区(川崎駅前)に開所しました「スマートコミュニティセンター」2階に、「東芝未来科学館」として2014年1月31日(金)に リニューアルオープンしました。

家の中の電化製品をスマートフォンひとつでコントロールできるネットワークや、人数や活動量から、最適なエネルギー効率を自分で考えるビル、歩行者や障害物を認識する、目を持ったクルマ。わたしたちが夢に描いた未来が、少しずつかたちになろうとしています。

2014年、あたらしく生まれ変わった東芝未来科学館では、様々な先進技術で人々の暮らしを変えてきた、東芝のあゆみを振り返ることができるヒストリーゾーン、実験やワークショップを通じて、子ども達が科学技術を楽しく学ぶことが出来るサイエンスゾーン、そして、夢に描いた未来を体験するフューチャーゾーン、驚きと感動でいっぱいの展示をご用意しました。

あたらしい技術がつくるあたらしい未来を、ひと足先に体感してください。

関連リンク

知る(ご利用案内)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ