Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > てくのろじぃ解体新書 > 東芝エコキュート ESTIA

東芝エコキュート ESTIA

ニャンダロー:皆さん、ご家庭でお湯のエコについて考えたことはありますか。洗面所や台所、そして浴槽やシャワーと、お湯は生活に欠かせないものです。今回はそのお湯を快適で経済的、そしてエコにつくり出す給湯器、エコキュートをご紹介します。先生は東芝キヤリアの村上先生です。

今月の先生 東芝キヤリア 村上 則行さん

環境負荷の少ない自然冷媒CO2&ヒートポンプ式を採用

ニャンダロー:先生、エコキュートという言葉は給湯器のあたらしい呼び方なんですか?

村上先生:エコキュートとは環境負荷の少ない自然冷媒CO2を用いたヒートポンプ式給湯機器のことで、電力会社、給湯器メーカー各社が共通して使用している愛称だよ。

ニャ:自然冷媒CO2を用いたヒートポンプ式?それってなんですか?

先生:ヒートポンプ式というのは、熱(ヒート)を低温から高温に汲み上げる(ポンプ)技術のことだよ。ヒートポンプは熱を得るために物質を加熱するのではなく、もともとある物質の温度を引き上げるので「再生可能エネルギー」の技術とされていて、ヒートポンプを利用した商品は温室効果ガス削減にも大きく貢献するんだよ。エコキュートではこの方式を利用して、大気中の熱エネルギーからお湯をつくるんだ。熱の移動を"手助け"してくれるものを熱媒体というんだけど、エコキュートにはこの媒体に自然冷媒であるCO2を使っているよ。

ニャ:自然冷媒って何ですか。

先生:もともと自然界に存在する物質を用いた冷媒だよ。一般に冷媒としてはフロンという物質が有名だけど、こちらは地球温暖化への影響があるとの説から、エコキュートには環境負荷の低い自然冷媒CO2が使われているんだ。

ニャ:なるほど。じゃあその自然冷媒CO2を使った熱の移動で、どうやってお湯をつくるのか教えてください。

先生:全体の仕組みを説明しながら解説しよう。エコキュートはお湯をつくるヒートポンプユニットと、つくったお湯を貯める貯湯タンクユニットからなる。このヒートポンプユニット内部の熱の通り道は、自然冷媒CO2で満たされているんだ。

ニャ:高温な冷媒が内部を循環しているんですか。

先生:冷媒は最初から高温なわけではないんだ。この冷媒は4つの部品地点を境にして性質が異なるよ。まず、外気がファンから内部に取り込まれ、大気が(1)蒸発器に触れると、温度の高い大気中の熱が温度の低い冷媒に移動し、冷媒自体が熱を帯びる。その熱エネルギーを保持した冷媒を(2)コンプレッサーで圧縮すると、さらに高温な熱エネルギーに変わる。高温な熱エネルギーを保持した冷媒は(3)水熱交換器を通って水に熱を伝える。熱を奪われ、温度の低くなった冷媒は(4)膨張弁を通ることで圧力が下がってさらに低温となり、再び熱を吸収できるようになるんだ。(下図)

ニャ:冷媒の役割が大きいですね。

システム図

電気代は都市ガス比で年間約5分の1

先生:エコキュートでは、大気のエネルギーがあれば、必要な電気は主に圧縮時にかかるだけなので、少ない電気代でお湯をつくることができるんだ。光熱費は都市ガスに比べると約5分の1で済み、設備の初期費用は少し高めだけど、上手に使うと約5〜6年で回収できる試算もでている(当社調べ)から、長期的に考えるととてもお得なんだ。

信頼と実績、そしてスピード感をもってお客様の声に応える

ニャ:東芝エコキュートESTIAの特長はなんでしょうか。

先生:エコキュートの頭脳と心臓ともいえるインバータとコンプレッサが強みだよ。頭脳としてのインバータはエアコンで実績を培ってきたもので、確実な電力制御は信頼性も高く、大きな強みだよ。また、心臓部であるコンプレッサーは中の圧力が高く、いわば高血圧の状態で正常に機能させなければならない。そこで独自開発により強度や対磨耗性をアップさせた設計を施してあるんだ。

ニャ:おすすめの機能はありますか。

銀イオンのお湯

先生:まずは「銀イオンのお湯」だね。東芝のエコキュートは家庭用給湯器として業界でいちばん早く、お風呂の湯はり水路に「銀イオン発生ユニット」を搭載したんだ。お湯はりをすると、自動的に銀イオンを含んだお湯が浴槽にはられるので、銀イオンの除菌・防臭効果で、いつでも清潔なお風呂に入れるよ。特に夏場など、何人か入浴した後でも清潔で一番風呂気分で入浴できるんだ。また、もうひとつの特長の「給湯量Navi」では、お風呂のシャワーなどのお湯の使用量がリアルタイムでお風呂のリモコンに表示できる。毎回、または毎日使ったお湯の量を確認することで、一人ひとりが前日よりも少し水の量を減らそうという意識を持ち、家全体の大きなエコにつながることを期待した機能なんだ。これからも開発、製造から販売、アフターサービスまで一体となって、お客様の声に応える商品をつくっていくよ。

ニャ:ニャンダローも、東芝のエコキュートESTIAを使いたいと思います。先生、ありがとうございました。

関連リンク

てくのろじぃ解体新書 一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ