Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 東芝の歴史/TOSHIBA SPIRIT > からくり儀右衛門作品ギャラリー

からくり儀右衛門作品ギャラリー

東芝の創業者「からくり儀右衛門」こと田中久重が設計・製作した製品を動画で紹介します。彼のユーモアとアイディア、それを次々と形にして、人を喜ばせてきたからくりの数々をあなたの目でご覧ください。

万年時計

万年時計

万年時計復活プロジェクトで解明された万年時計の機構について、CG映像でご覧いただけます。

万年時計(正式名称:万年自鳴鐘)は、久重の生来の技術である金属細工と、からくりの才を素地として、高度の天文暦学と西洋の時計技術の精髄を取り込んだ最高傑作です。江戸時代において当時の最新技術を結集させた時計であり、二組の(真鍮で作られた二重)ゼンマイを動力に、六面の時計を同時に動かします。さらに鐘を鳴らし、干支や七曜、二十四節気、月の満ち欠けも表示します。
機構の精巧さもさることながら、優美さと気品を漂わす伝統工芸品としても高い精度を誇っており、2006年には国の重要文化財に指定されました。

※このCGは東芝研究開発センター機構分析チームが製作しました。

弓曳き童子

弓曳き童子

矢台に置かれた矢の4本を人形が順番に手に取り、連射していくからくり。
4回のうち1回は的をはずすように羽根に細工がしてあります。能面効果を利用して頭(かしら)が彫られており、矢が的にあたった時には満足気、はずれたときには悔しげな表情を浮かべるように見えますが、これはたくみな人間心理の利用です。そのような観客の心理投影的共感を誘う人形のなめらかな表情変化は、微妙な糸の弛みを用いて調整されています。新撰組ゆかりの豪商、伏見の前川家で発見されたものです。

※久留米市教育委員会蔵

関連リンク

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ