Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 世界初の郵便物自動処理装置

世界初の郵便物自動処理装置

世界初の手書き文字認識により、手作業を機械化。
高度情報化社会における省力化機器の先駆けに。

世界初の郵便物自動処理装置

日本の郵便制度の仕組みは1871(明治4)年に始まる。郵便物の区分業務は当社が1967(昭和42)年、世界初の手書き文字を認識する郵便番号自動読取区分機を開発するまで約100年間、人手で区分したため、作業者の熟練度により能率が左右された。

1965(昭和40)年、郵便業務効率化のため機械導入が検討され、郵政省の指導のもとに、機器事業部(当時:柳町工場)と総合研究所(現:研究開発センター)でプロジェクトを編成した。まず郵便局内の作業を系統的に分析することから着手し、郵便物自動読取区分機(TR)、郵便物自動取揃押印機(TC)、郵便物自動選別機(TS)の順に開発を推進した。

1966(昭和41)年に、制限手書き数字を読み取る最初の試作機が完成後、自由手書き数字の読み取りについて委託研究を受け、全国から集めた千差万別の手書き文字を分析し、読み取りの可能性を報告した。1967(昭和42)年には総合研究所の光学文字読取技術(OCR)を使用し、ついに世界初の手書き文字読み取り試作機TR-2型を完成させた。

この区分機は書状本体を取り扱う機構部、郵便番号から書状の区分先を決め機構をコントロールする制御部、郵便番号を判読する認識部の3部で構成されている。供給部に置かれた書状は1通ずつ取り出されて搬送され、郵便番号はビジコンカメラによって撮像され電気信号に変換され、郵便番号だけを検出し切り出す回路により数字信号が識別部へ送られ、特徴抽出方式による判読は制御部に伝えられ、ここで区分ポケットを指定し、書状の動きと同期をとり区分ゲートを動かし所定ポケットまで書状を誘導、区分作業が完了する。

郵便番号を記入する赤枠は日本独自で、枠内の定位置に書かれることで数字の線だけを必要な信号として光学的に拾い上げることが可能だが、自由手書きでは、使用する筆記用具、字の大きさと位置、線の太さと濃度など千差万別で、30万字にも及ぶサンプルを全国から集め、解析シミュレーションをもとに改良を重ね、実用機TR-3型(区分ポケット50口)とTR-4型(区分ポケット100口)を製造した。1968(昭和43)年7月1日、郵便番号制度発足の日に東京中央郵便局で一般公開した。

読取区分機実用化と並行して1967(昭和42)年には世界初の切手検出方式による郵便物自動取揃押印機、翌年には活字印刷数字を読み取る読取区分機も完成させた。これらの研究開発成果が認められ、1969(昭和44)年に、機械振興協会賞、翌1970(昭和45)年に、毎日工業技術賞を受賞し、国内外から高い評価を受けた。これはやがて訪れる高度情報化社会での郵便局、駅、銀行などでの省力化機器開発の先駆けとなった。

郵便物自動取揃押印機TC-3型
郵便物自動取揃押印機TC-3型

1969年万国郵便大会出席者の柳町工場見学
1969年万国郵便大会出席者の柳町工場見学

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ