Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初のカラー用イメージオルシコン

日本初のカラー用イメージオルシコン

戦前のアイコノスコープから、戦後のイメージオルシコンまで、
一貫して日本の撮像管の開発をリード。

日本初のカラー用イメージオルシコンの画像

1928(昭和3)年に当社のマツダ研究所でニポー円板を用いて、機械的走査方法によるテレビジョンの研究が始まった。当社の撮像管の歴史はこの時に始まったと言うことができる。しかし、この機械的方法では、テレビの将来性を見通すことが困難であったため、翌年には一時この研究を中止した。その後、浜松高等工業学校のブラウン管式テレビやファーンズワース(Farnsworth)の送受両端ともブラウン管による方法などの発表があり、これがきわめて有望視され、当社も再び撮像管の研究を開始した。

1931(昭和6)年に米国RCA社において、ツヴォルリキン(Zworykin)が独創的な撮像管アイコノスコープを発明した。当社も1934(昭和9)年にアイコノスコープの製作を始め、性能の向上に努めるとともに、送像・受像方式に各種の改良を施し、テレビ技術分野は着々とその成果を広げていった。

1937(昭和12)年には、さらに感度の良好なテコスコープを開発、撮像に一大偉力を発揮した。翌年、東京電気無線株式会社との共同研究の態勢が確立され、当社のテレビは一大飛躍をとげ、1939(昭和14)年に島屋で公開放送を行い、多大な反響を呼んだ。しかし、太平洋戦争へと戦線が拡大するに伴い、テレビ研究は困難な状況となり、撮像管はもちろんテレビ全般の研究も中止のまま終戦を迎えた。

戦後の混乱が次第におさまるにつれて、テレビに関する一般の関心も高まり、当社の研究も再開された。これより先、アメリカでは1946(昭和21)年RCA社のローズ(A,Rose)その他によって、撮像管の決定版ともいうべきイメージオルシコンが発明された。テレビの今日の隆盛はひとえに、イメージオルシコンに負うといっても過言ではない。当社もこれに注目し、1951(昭和26)年からマツダ研究所において研究を開始した。

元来この管は電子管中でももっとも高度の製造技術を要求されているもので、これの完成には多大な困難が伴った。一方、当社とは別に研究を進めていたNHK技術研究所とも共同研究を行うことになり、1957(昭和32)年に、初めて外国製品に劣らぬ当社製イメージオルシコン5820が完成、撮像管の歴史上特筆すべき年となった。その後、カラーテレビ放送の本格化につれてカラー用撮像管の使用数も相当増加していたが、すべて輸入撮像管に依存していた。そして、撮像管の歴史にとってはまさに革命時代ともいうべき1961(昭和36)年を迎えたのである。この年には優秀な撮像管を続々と開発、ついに日本初のカラー用イメージオルシコン7513を完成した。これはフィールドメッシュを入れ、ターゲットとメッシュの間隔を狭くし、かつ部品材料に細心の注意を払って組み立てられており、カラー用として3本1組で使用するとき、優れた性能を発揮する。さらに1962(昭和37)年には最新の設備を備えた新しい撮像管工場を完成し、品質・数 量ともに飛躍的に発展した。

初期のテレビ用撮像管アイコノスコープ
初期のテレビ用撮像管アイコノスコープ

初期のテレビ用撮像管イメージオルシコン(5820)
初期のテレビ用撮像管イメージオルシコン(5820)

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ