Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の電気やぐらこたつ

日本初の電気やぐらこたつ

こたつの中で足を自由に伸ばせたら...。
「逆転の発想」が冬場の団欒を演出することに。

日本初の電気やぐらこたつ

わが国では、1924(大正13)年ごろ電気掘りごたつや置きこたつが販売されていたという。その当時は、炭火を火種にした直火のやぐらこたつや、置きこたつ、あんかなどを電気に置き換えていったのである。

電気こたつは、「暖房器具」とひとくくりにされていたが、反射型電気ストーブ、対流型電気ストーブ、電気火鉢、電気足温器、電気布団、などとともに早くから開発されていたことになる。

電化される前の炭火こたつや、あんかは大きな問題を抱えていた。それは火事と一酸化炭素中毒の危険性である。幼い子供が亡くなることも、多々あったといわれている。

電化することによって、この大きな危険がなくなると同時に、サーモスタットによって一定以下の温度が保たれるようになったのである。

戦後もようやく10年が過ぎた1956(昭和31)年、東芝電燈器具(株)(現:東芝ホームテクノ株式会社)の定例開発会議で「やぐらこたつ」の新しいアイデアが生まれた。すなわち、それまでは下部にヒーターがあり、その上部空間を確保するためにやぐらをかぶせていたが、やぐらの上部に下向きヒーターを取り付けてみてはどうかという「逆転の発想」であった。そのアイデアのきっかけは『やぐらこたつの中で、足を自由に伸ばせるようにしたい』という単純なことであった。

当時の常識としてはありえない考えだけに、とにかくヒーターを上部に取り付ける試作から始めた。下方への放射効率を上げることと、上方部の断熱構造を確立するために、何度も試作を繰り返した。木製のやぐらは「象が乗っても壊れないような頑丈な構造」をめざし、朴(ほお)の木で丈夫に作った。朴の木は、木肌がなめらかで加工しやすく、ささくれたり変形したりしにくいという優れた特徴がある。

1957(昭和32)年、やぐらこたつは発売と同時に爆発的に売れ始めた。売れ行きが増すたびに、朴の木の調達に苦労した。各社の参入もあり販売量は増え、1961(昭和36)年は274万台と増加し、1964(昭和39)年は322万台、1970(昭和45)年は348万台と急速に増えていった。

1973(昭和48)年の368万台をピークに出荷台数は減少するが、企業間の開発競争は一段と激しいものであった。加熱源は、ニクロム線から、シーズヒーター、赤外線ランプ、レモン型赤外線ランプなど見た目も鮮やかな赤色へ変化し、その後光のない厚みの薄い遠赤外線型が採用されるようになった。

構造は、折りたたみ脚、二つ折りタイプなどさまざまで、大きさも42cm角から92cm角まで大きくなり、さらに家具調テーブルや長方形巨大テーブルも出現した。

しかし、時代は家屋の高断熱化、高気密化と、ヒートポンプエアコンなどの暖房性能が向上し、電気こたつの時代は過ぎようとしている。2000(平成12)年、一世を風靡(ふうび)した当社のやぐらこたつは事業から撤退した。

「東芝暖房機ご販売のしおり」から引用(1958年:昭和33年発行)
「東芝暖房機ご販売のしおり」から引用
(1958年:昭和33年発行)

電気こたつ取扱説明書
電気こたつ取扱説明書

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ