Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初のウインドウ形ルームクーラー

日本初のウインドウ形ルームクーラー

実験室の床にバケツで水をまいて温湿度を徹夜で測定、
開発から約10カ月という超スピードで発売。

日本初のウインドウ形ルームクーラの画像
写真はコールデア

空気調和装置は、明治末期にアメリカ人キヤリアによって、今日の基礎が築かれた。その後、日本にも輸入された。1935(昭和10)年頃、日本の気候風土から冷房の必要性が高まり、空調はぜいたく品から健康と生活力向上のための必需品として評価されていた。当時市場では工業用や商業用は普及しつつあり、「冷房装置完備」という文字も目立ってきていた。これらは開放形圧縮機およびターボ冷凍機を使用しており、当時の記録では、1932(昭和7)年芝浦製作所(当社の前身)が大阪朝日ビルに180トン2台、1933(昭和8)年大丸大阪店に400トンのキヤリア製冷房装置を据え付けている。

家庭用の冷房装置もコンデンシングユニット(屋外機)とクーリングユニット(屋内機)の現地組み合わせと施工が徐々に始まっていた。1933(昭和8)年米国キヤリアブラウンスイック社が開発した可搬式冷房装置が市場に供給され人気を集めた。この装置は1936(昭和11)年に東洋キヤリア(現:東芝キヤリア)が150台を輸入し、芝浦マツダ工業(株)が一手に販売を担当し、その90%を販売していた。また、東京電気(当社の前身)が、1935(昭和10)年に米国GE製の家庭用小型冷房機を輸入販売した。これが当社の空調機器の歴史の始まりであった。

普及の途上であった冷房装置は、1937(昭和12)年に日中戦争が始まると、輸入禁止や民需品の生産販売の全面禁止など、軍需品のみの技術開発となった。

当社はそれまでに蓄積した技術を生かし、1941(昭和16)年に病院の冷房、工場の恒温恒湿槽、製氷装置などに応じた大容量冷凍機(30~50馬力)を開発・製造し、潜水艦用冷房機の開発も手がけた。終戦後、1946(昭和21)年には進駐軍用に冷蔵庫の生産を再開したことによって冷凍機産業が復活し、冷房機の生産も再開された。

当社では1950(昭和25)年に1/2馬力コンプレッサー2台を組み込んだ水冷式フロア形冷房機を開発した。その後、1952(昭和27)年に三菱、ダイキンが水冷式2馬力、5馬力のパッケージ形冷房機を発売した。当時の冷房機のほとんどは、進駐軍がアメリカより持ち込んだもので、ウインド形もアメリカ各社から輸入されていた。

当社はその当時輸入されていたウインドウ形を参考に、全密封形1/2馬力コンプレッサー2台を組み込んだ画期的な1馬力のウインドウ形の開発に着手し、1953(昭和28)年に日本初のウインドウ形ルームクーラーを「コールデア」の商品名で発売した。開発チームは、実験室の湿度を上げるために床にバケツで水をまき、室内外の温度と湿度を測定するなど、盆も正月もない連日徹夜に近い作業のなか約10カ月の短期間で完成させた。これが今日の空調機の基礎技術となり、本機をベースとして、順次開発を進め機種の拡充をはかっていった。

カタログ
カタログ

内部構造
内部構造

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ