Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初のラジオ受信機

日本初のラジオ受信機

交流電源によるラジオ受信を可能にする受信用真空管により、
「ラジオは電灯線から」が実現。

日本初のラジオ受信機の写真
写真は初期のラジオ受信機サイモフォンA-2型

1904(明治37)年にフレミングが二極真空管を発明し、1907(明治40)年にド・フォーレが三極真空管を考案し、さらに1913(大正2)年にラングミュアがハードバルブを完成し、真空管工業の進歩に大きな一歩を踏み出していた。

やがて欧米で第1次世界大戦が始まるにつれ、真空管は飛躍的な進歩を遂げ、以来、無線の心臓部を形成する真空管の研究は、国防科学の立場からも国家的な意義をもつことになった。

当社では白熱電球製造で会得した真空工学の知識と設備を基に、1916(大正5)年に真空管の研究に着手した。翌1917(大正6)年に日本初の真空管を完成し、「オージオンバルブ」と名づけた。1919(大正8)年には円筒型の陽極をもつフランス型受信管を製作し、陸軍省に納入した。また逓信省からの特命で、タングステン螺旋陽極をもつ送信管を製作納入した。1920(大正9)年には海軍省より委嘱された海軍型受信管やD型プライオトロンというブランドネームをもつ送信管を製作納入した。

そしてこの年、アメリカで初めてのラジオ放送が始まり、ラジオ受信機が大衆に迎えられた。日本でも無線放送の実験が各所で行われ、1923(大正12)年末には、放送用私設無線電話規制が制定され、ラジオアマチュアのためにハードバルブを製作し、「サイモトロン」(電波の器)と名づけて販売した。

真空管の需要は1921(大正10)年以降、増加の一途をたどり、その製造技術も向上していったが、1923(大正12)年の関東大震災で工場・研究室が全壊した。しかし、1925(大正14)年3月には、芝浦に東京放送局が開設され、すぐにラジオ放送が始まった。ラジオ受信機は放送の本格的発展の軌道にのって需要が高まり、その後の真空管工場の多忙を極め、夜を日に継いでの生産も需要を満たすことができず、工場増設をしながらも注文に追われる日々が続いた。一方、聴取者数の増加を図ることも最大要件になっていた。

最初は安価な鉱石式受信機が普及したが、視聴者の知識と興味により真空管式受信機の需要が激増した。しかし乾電池の取り扱いが原因で、「ラジオは壊れやすいもの」という風評が流れ、ラジオ受信機の普及に影響を受けた時期もあった。その後、ヨーロッパで交流電源によるラジオ受信を行う研究が始まり、受信用交流真空管が製作されるようになった。当社も研究に着手し1928(昭和3)年にUX112Aを発売した。続いて12月に交流増幅管UX226、翌1929(昭和4)年には整流専用KX112A、同年10月に検波管UY227の発売に至り、「ラジオは電灯線から」という標語が実現されていった。

ジュノラIA
ジュノラIA

携帯用サイモフォンC型
携帯用サイモフォンC型

初期のオージオンバルブ
初期のオージオンバルブ

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ