Japan

トップページ > 学ぶ(ヒストリー・サイエンス) > 1号機ものがたり > 日本初の40トン直流電気機関車

日本初の40トン直流電気機関車

民間企業初の国産電気機関車は現在も近江鉄道で活躍中。

日本初の40トン直流電気機関車の画像

芝浦製作所(当社の前身)は1923(大正12)年に40トン直流電気機関車を6両製造し、伊那電気鉄道(当時は民間鉄道)に納入した。これが当社初の電気機関車であり、同時に日本の民間企業として最初に製造した大形電気機関車であった。なお、機械部分は石川島造船所が担当した。

この機関車は凸型4軸で当初の形式名は「デキ1」であった。1943(昭和18)年に伊那電鉄が国有化された後も変わらなかったが、1952(昭和27)年にED31形に改められた。納入後、一貫して伊那松島機関区に配置され、天竜峡以北の飯田線で使用されたが、1955(昭和30)年から1956(昭和31)年にかけて除籍された。1号機と2号機は西武鉄道に譲渡されて多摩川線で使われ、1960(昭和35)年に近江鉄道に再譲渡された。3~5号機は当時の国鉄から直接近江鉄道に譲渡された。1990(平成2)年に5号機が、2004(平成16)年に1号機と2号機が廃車された。3号機と4号機は1986(昭和61)年まで貨物列車のけん引用として活躍した後、工事列車用に使用されていたが、現在は休車状態である。6号機は国鉄から上信電鉄に譲渡された後に箱形に改造され、2009(平成21)年に再整備された。3、4、6号機は在籍車両で、撮影会などの人気車両である。

わが国の国有鉄道において電気機関車による列車の運転は、1912(明治45)年に碓氷峠の横川~軽井沢間が電化されたとき、ドイツAEG製のアプト式10000形(後のEC40)を使用して始まった。第1次世界大戦の終わる頃、国有鉄道は国内で生産される石炭の約12%に当たる年間300万トンを消費していた。一方、当時は水力発電が急速に伸びていたので、1919(大正8)年に石炭を節約するために、鉄道電化が閣議決定された。同年に鉄道省(後の国鉄)は、このドイツAEG製のアプト式10000形を参考にして、10020形(後のED40)を大宮工場で製作した。その後、1922(大正11)年に東京~小田原間および大船~横須賀間の電化に着工し、1925(大正14)年に完成したときに使われたのは全て輸入機関車であった。

しかし、それらの輸入機関車は故障が続出し、補修用部品の調達が間に合わないため、国産化が強く求められた。当社は、他社に先駆けて米国GE社と技術提携して電気機関車の設計および製造技術を習得し、デキ1形直流電気機関車を伊那電鉄に納入したのであった。続いて1926(大正15)年に撫順炭坑の石炭運搬用に73トンの電気機関車を南満州鉄道に納入し、1927(昭和2)年には鉄道省にAB10形蓄電池機関車(後にEB10形電気機関車に改造)を2両納入した。その後、将来の東海道線輸送力増強の必要性から鉄道省は民間のメーカーを集めて共同設計会議を開き、108トン電気機関車EF52の設計に取り掛かった。当社は、汽車会社と組んで1928(昭和3)年に同形機2両(3、4号機)を完成して、国府津機関区に納入した。このようにして、わが国の電気機関車国産化の道が固まって行った。

朝日野〜日野を走るED31 型電気機関車4号機 平成12年3月 写真提供:近江鉄道(株)
朝日野〜日野を走るED31 型
電気機関車4号機
平成12年3月
写真提供:近江鉄道(株)

「芝浦製作所」の刻印があるED31 型電気機関車のコントローラー
「芝浦製作所」の刻印がある
ED31 型電気機関車のコントローラー

関連リンク

1号機ものがたり一覧へ

学ぶ(ヒストリーサイエンス)トップページ

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ