Japan

トップページ > 体験する(イベント) > イベントアーカイブ > イベントレポート

イベントレポート

過去に開催された講演会・セミナー、ワークショップ、科学実験教室、サイエンスショー、特別ツアー、館外活動などのイベントレポートをご覧いただくことができます。

バックナンバー

科学実験工房

このページのトップへ

サイエンスクラブ

このページのトップへ

サイエンスカフェ

このページのトップへ

エンタテイメント!サイエンス

大学生が科学の楽しさを伝えるイベント【春休み特別イベント Enjoy Science】

場所:2FABホール、Bホール前

2016年3月26日(土)~4月3日(日)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

東芝未来科学館3年目の春は、大学生と科学を通して交流するイベント、
「Enjoy Science(エンジョイ サイエンス)~大学生とカガクを楽しもう~」を開催しました。
理科教育を熱心に取り組む研究室2校。大学生のサイエンスコミュニケーションサークル7団体が
出展してくださいました。

楽しかったイベントの一部をご紹介します。

神奈川工科大学鈴木研究室「ころころたまごの大冒険」は、
アルミホイルとビー玉で作った「ころころたまご」をコースにころがすと音楽が鳴ったり、
映像が変わったりする光センサーや超音波センサーなど最先端技術を使ったゲームです。
つくしが生えてきたり、桜が咲いたりする「はるらんまんコース」
さなぎから蝶に羽化する「とびたてちょうちょ」コースなど5コースがあり、
子ども達は、何度もたまごを転がし春を満喫しました。

東京理科大学川村研究室は、全国教職員発明展 内閣総理大臣賞」受賞した
「電車のふしぎ」を披露してくださいました。
走っている電車のなかで,床からジャンプしたら、どこに降りるかな?
3人の博士がそれぞれの見解を述べます。どの博士の答えが正しいか
実際に電車の装置を使った実験で確かめました。
博士たちの楽しい演技に教室内は笑いの渦に。工作で加速度計もつくりました。

日替わりの工作教室は、主に大学生が書いた3冊の本
「現役東大生による頭がよくなる実験・工作」
「東大生が教えてくれた アタマがよくなる科学のおもちゃ&手品」
「東工大サイエンステクノの理系脳を育てる工作教室」の中から実施されました。
本には工作の型紙がついていたり、実験材料の入手先が記載されていたり、
多くの教室を開催している大学生ならではの情報が満載。
本を購入して家で他の工作もやりたいという声も多く聞かれました。

おとづくりの森~モノから音をつくる・さわる体験展~

参加者:2,000名/場所:ラゾーナ川崎東芝ビル3Fエントランス・ABホール

2015年12月19日・20日

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

3Fエントランスにて特別冬イベントを開催しました。
昨年に引き続き、今年の冬もテーマは「音」です。
今回は、素材(モノ)をテーマにしたサウンドアート作品の体験展示を中心に
素材の性質を活かした音の表現手法を科学的な観点から親しんでもらう内容となりました。

鉄の板を振動させる「振動態」、木でつくられた不思議な木琴「輪唱の〇(わ)」など、
美術館などで展示経験を持つアーティストの方々の協力を得て体験展示を行いました。

また、楽器工作体験として竹を使った「竹の鳥笛」、糸でつくる「コップギター」や
どんぐりを使った「でんでん太鼓」を作りました。

また、毎年恒例の親子で楽しむクリスマスコンサートでは、
東芝ライドオンによるジャズ演奏とグラスハープの演奏会を開催しました。

様々な音が入りまじり、終始会場はにぎやかな雰囲気となりました。

アニメーションのカガク

場所:ラゾーナ川崎東芝ビル3F、東芝未来科学館2F

2015年9月20日(日)~23日(水・祝)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

今年はシルバーウィークという大型連休がありました。
そこで、科学館では9月20日(日)から23日(水)までの4日間、
特別企画「アニメーションのカガク」と題し映像の技術を楽しむイベントを開催しました。

床に置いた絵を手押しカートで撮影し、即座にアニメーションにする「アニマカート」。
参加者がいくつかのポーズを撮影し、大画面にコマ撮りアニメを映す「SPACEWALK」や
「パタパタアニメ」。
小さいお子様にも人気があったコーナーは、特殊なスクリーンに映したアニメのトンネルを
くぐり抜ける「クーフロ」でした。

2Fでは、「昔あそびの科学」をテーマにしたイベントを同時開催しました。
なつかしい「ゴムでっぽう作り」「塗り絵」「科学双六」など
シニアの方々がお子様と一緒に楽しむことができるコーナーで、
幅広い年齢層のお客様に楽しんでもらうイベントとなりました。

Enjoy the Light! ヒカリの探検!

場所:ラゾーナ川崎東芝ビル3F,東芝未来科学館2F,ラゾーナ川崎プラザ ルーファ広場

2015年8月14日(金)~16日(日)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

夏休み特別イベントは、8月14日~16日にかけて
「Enjoy the Light!光とあそぼう」を開催しました。

2015年は国際連合が制定した「光と光技術の国際年(国際光年)」にあたることから、
「ヒカリをのぞこう!」・「ヒカリを出そう!」・「ヒカリで伝えよう!」・「ヒカリで育てよう!」の
4つのテーマでイベントを実施しました。

万華鏡づくりやLED、反射板、蓄光粘土を使った工作教室のほか、
東芝アマチュア無線クラブの協力による「光通信」の実演や、
東芝クリーンルームファーム横須賀の協力による「野菜工場」の実演展示を行いました。

会場で夏休みの自由研究のヒントを見つけられたかな?

理科でドン!大運動会

場所:ラゾーナ川崎東芝ビル3F、東芝未来科学館2F

2015年5月2日(土)~6日(水)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

運動会シーズンにあわせて、科学館では5月2日(土)~5月6日(水)までの5日間
工作・実験で得点を競い合う理科の運動会を開催しました。

3Fの会場は運動場のように旗やトラックで装飾され、
スタッフも帽子をかぶって運動会らしい雰囲気の中
参加者が競技を楽しみました。

運動会の競技は6ゾーンにわかれ、
自転車発電、大きなだるま落とし、そして手作りブーメラン飛ばしなど
さまざまな種類の競技を開催しました。

得点を集めた後は、大きさの違うイベント限定の缶バッチが配布されました。

このページのトップへ

館外イベント

BoSS2015

場所:川崎市産業振興会館

2015年8月13日(木)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

昨年に引き続き、NPO法人ガリレオと工房東芝未来科学館が主催する
サイエンスショーのバトルイベント「BoSS2015」を開催しました。

2回目となる本年は会場を新たに300名以上収容可能な川崎市産業振興会館の
ホールで開催し、当日はほぼ満席となりました。

出場者は、中学生の科学部員からプロの漫才師までバラエティーに
富んだエントリー、『BoSS』の称号を目指し熱いバトルを繰り広げました。

結果は中学生コンビが優勝し、最初から最後までに大いに盛り上がるイベントとなりました。

このページのトップへ

その他

このページのトップへ

関連リンク

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ