Japan

トップページ > 体験する(イベント) > イベントアーカイブ > イベントレポート

イベントレポート

過去に開催された講演会・セミナー、ワークショップ、科学実験教室、サイエンスショー、特別ツアー、館外活動などのイベントレポートをご覧いただくことができます。

バックナンバー

科学実験工房

【かわさきアトム工房】トランジスタの不思議~仲良しチェッカーを作ろう~

参加者:46名

2016年10月2日

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

【東京理科大学川村研究室】免震・耐震

参加者:30名/場所:Bホール

2016年10月1日

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

このページのトップへ

サイエンスクラブ

【科学の本の読み聞かせの会「ほんとほんと」】 おこめができた~こめコメ図鑑を作ろう~

参加者:59名/場所:Aホール

2016年10月1日

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

このページのトップへ

サイエンスカフェ

このページのトップへ

エンタテイメント!サイエンス

2016年10月8日~10日

参加者:1,080名/場所:企画展示室

そら好き全員集合!「そら博」がやってきた!

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

ecoイベント2016 KoKa(子供の科学)×Kawa(かわさき)とエコ力高めて缶バッヂをめざせ

参加者:18,845名/場所:館内およびラゾーナ川崎東芝ビル3Fエントランス

2016年7月16日~8月24日

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

今年の夏イベントは、7月16日から8月24日までecoをテーマにした
イベントを各種開催しました。

毎日開催のecoクイズラリーは、雑誌「子供の科学」からの出題で
答えを雑誌の中から探すという少し高学年向けの問題でしたが
小さい子も大人の人に手伝ってもらいながら、答えのスタンプを押しながら
館内を回っていました。

クイズラリーの回答用紙は、惑星を作る用紙にもなっていて
好きな色で塗って、惑星に名前つけてエコ宣言を書いたら
エコ惑星作りをスタート。展開図だった惑星がモニターで立体になって
宇宙に現れると「わぁー!」と喜ぶ姿が見られました。

惑星は、期間中配布するスタンプカードとリンクしていて
スタンプが貯まるとエコ惑星も成長する仕組みになっています。
自分のエコ惑星をレベルアップするためには、エコイベント教室に参加したり
企画展イベント「MAKECOLOGY エコの新常識?!」などに参加してスタンプを貯めます。
20ポイント貯めるとオリジナル缶バッヂをプレゼント!
更に20ポイント貯めると、缶パッヂ+くじ引きで「子供の科学」オリジナルノートや
川崎市エコちゃんずタオルハンカチなどがもらえるチャンスも。

教室で開催したエコイベントでは、参加だけでもらえるポイント以外に
イベントの材料になるペットボトルやトイレットペーパーの芯などを持参すると
更にポイントがもらえる仕組みになっていました。

お盆スペシャルである8月11日から14日までのラゾーナ川崎東芝ビル3Fエントランスでは
日替わりで行われるサイエンスショーや移動式プラネタリウム
川崎市のエコちゃんずやかわるんの着ぐるみも登場して、にぎやかな4日間となりました。

このイベントに参加して、自分が出来る身近なecoについて
少しでも考えてもらえたらうれしいです。
多くの皆さんにご参加頂き、ありがとうございました。

このページのトップへ

館外イベント

夏ラボ2016

参加者:1,300名/場所:ミューザ川崎シンフォニーホール4F企画展示室

2016年8月2日(火)~8月7日(日)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

8月2日、今年で3年目となるミューザ川崎シンフォニーホールとの連携企画
「音と科学の実験室 夏ラボ2016」(ミューザ川崎4F企画展示室)を開催しました。
科学館のブースでは、科学館の夏休みイベント「ecoリンピック2016」のテーマにあわせた
「ECO楽器をつくろう」を開設!身近な廃棄物を再利用(リサイクル)して楽器を作る自由工作スペースです。

ミューザ川崎と科学館で用意した廃材や、ヒントとなるリサイクル楽器のサンプルを元に
参加者の皆さまにはオリジナルの楽器のアイデアづくりに励んでいただきました。
参加者自らリサイクルしたいものを持参してきてくれた人もいましたね!

体験展示コーナーには、アイデアに繋がるような世界のリサイクル楽器として
スチールドラムやレインスティックなどを用意しました。
音が出る仕組みに興味津々で演奏する人や、作品作りに没頭する
参加者の姿が多く見られました。

また、8月4日は1日限定で小さいスチールドラムをつくる
予約制ワークショップを開催し、同時に本物のスチールドラムを
体感できる演奏会も開きました(協力:パンタジア)。

音と科学がつまった6日間、皆さまお楽しみいただけましたか?

このページのトップへ

その他

来館者100万人達成記念イベント

場所:東芝未来科学館

2016年8月27日(土)

  • イベントイメージ
  • イベントイメージ

東芝未来科学館は、来館者が100万人を達成しました。2014年1月31日、当館は川崎市幸区小向東芝町から、JR川崎駅西口の当社スマートコミュニティセンター内に移転し、リニューアルオープンしました。それから2年7カ月で、100万人目のお客様をお迎えすることができました。これも皆様のご厚情・ご愛顧によるものと心より御礼申しあげます。
当日は、100万人達成の記念式典を開催しました。100万人目となられた横浜市からお越しのご家族には、岩切館長から花束、記念品を贈呈しました。またスペシャルサイエンスショーを行い、来館された方々に記念品を差し上げ、共にお祝い致しました。年内には、1961年旧館開館以来、累計1,000万人を達成する見込みです。
皆様のご来館をお待ちしております。
東芝未来科学館の歴史

このページのトップへ

関連リンク

東芝未来科学館 〒212-8585 神奈川県川崎市幸区堀川町72番地34 スマートコミュニティセンター(ラゾーナ川崎東芝ビル)2F

このページのトップへ